交通事故の賠償金額は弁護士で変わる

交通事故の賠償金額は弁護士で変わる交通事故の賠償金額は弁護士で変わる

弁護士 成田 翼  所属弁護士会 第一東京弁護士会
  • 解決件数1,500件以上!

  • 相談料0円

  • 着手金0円

  • 全国対応 弁護士による電話相談可

弁護士の介入によって、
交通事故での慰謝料などは増額が可能です!

盗撮事件について安心の特別費用体系を採用しています。 盗撮事件について安心の特別費用体系を採用しています。

任意保険会社が示してくれる示談金の額は
弁護士基準より低額です。

弁護士基準を使えば
慰謝料を増額
させる事ができます。

さらに、あなたの保険についている
弁護士費用特約を使用すれば
弁護士費用が実質0円になることも!

もっと詳しく

弁護士法人エースの解決事例

交通事故発生から示談の流れ

STEP1

当法律(弁護士)事務所に、無料法律相談

交通事故の分野に自信のあるエースにまずは無料相談を

STEP2

当法律(弁護士)事務所に、依頼

STEP3

弁護士が、任意保険会社に受任通知

STEP4

後遺障害等級の確定

後遺障害等級は適切な賠償金をもらうための大切な基準となります。

STEP5

任意保険会社と示談交渉

解決期間の目安は約2ヶ月

STEP6

示談

STEP6

裁判(訴訟)

解決時間の目安は約1年
(半年〜1年半程度)

STEP7

判決又は和解

費用・料金

賠償金獲得まで一切費用はかかりません!
弁護士法人エースは完全成功報酬です。

弁護士法人エースの料金について

FAQ

交通事故にあったら、まずどうすればいいですか?
まず必ず病院に行ってください。事故直後は,それほど症状がないと思えても,しばらくして痛み等が現れることがあります。また,事故後すぐに病院に行っていないと,現れた症状に対して因果関係が認められないことにもなりかねません。
次にやるべきことは,警察に連絡することです。人身事故であれば実況見分調書を作成することになりますので,実況見分時にしっかりと自分の言い分を伝えておきましょう。
最後は,弁護士に相談です。示談の時に相談すればいいやと思わず,出来るだけ早い時期に相談されることをお勧めします。今後の流れや具体的事情に即した注意点や示談交渉時までにやっておくべきことなどを聞けるので,損はありません。
どのようなタイミングで弁護士に依頼すればいいですか?
この点は弁護士によって考え方が異なるところがありますが,私はできる限り早い段階で少なくとも相談はすべきと思います。その上で,具体的事情を判断して,依頼の時期を決められるのが一番良いのではないでしょうか。一番遅いタイミングは保険会社から示談提示があってからで,それでも依頼した方がいいことの方が多いのですが,早い時期にご依頼いただいていればもっと良い結果を出せたのにと思うこともあります。
弁護士に依頼して解決までにどのくらい時間がかかりますか?
ご依頼いただいたタイミングやその後の進め方で大きく異なります。例えば,示談提案後にご依頼いただいたような場合には1ヶ月かからず解決に至ることもありますし,逆に事故直後にご依頼いただいたような場合には1年以上かかる場合もあります。また,自賠責の後遺障害等級認定で何度か異議申し立てをしたとか,重症案件などで裁判でも激しく争われたとか,それらが重なり合ったりすると,2年以上かかるケースもあります。
もっと詳しく