交通事故相談なら弁護士法人エース解決事例過失割合と逸失利益について激しく争われるも適正な賠償額を獲得

解決事例

エースが担当した交通事故被害の解決事例集です。

エースが担当した
交通事故被害の解決事例集です

解決事例6

過失割合と逸失利益について激しく争われるも適正な賠償額を獲得

賠償額 415万円1350万円

等級 12級
受傷部位 右足
受傷内容 骨折
職業 会社員(男性・30代)

 Lさん(男性)は、原付に乗って走行中、前方走行中の自動車が突然左折したことで進路を妨害されて衝突し、右足関節外果骨折の傷害を負い、真摯に治療を続けたものの、自賠責の後遺障害等級認定にて足首可動域制限につき12級7号に該当するとの判断がなされました。
この後遺障害等級認定結果をふまえた保険会社側の弁護士は、過失割合について、本来10%程度であるLさんの過失割合を、20%であると主張し、通院による慰謝料や逸失利益についても低く算定しており、全体として約415万円を提示してきました。
その後、何度か相手方の弁護士と掛け合ったのですが、結局、相手が出してくる提示はせいぜい600万円程度の話であり、これではLさんの損賠賠償が適正になされているとは到底いえないと考え、裁判を提起することにしました。
裁判の中でも、加害者側・保険会社側の弁護士は、示談交渉のときと同様に、過失割合、治療期間、逸失利益等について、ことごとく争ってきましたが、エースの弁護士が適切な主張・反論を徹底的に突きつけた結果、過失割合は10%、通院による慰謝料も請求どおりの金額、逸失利益も後遺障害等級の認定結果に応じた適正な金額で、全体として約1350万円という裁判所の和解案が示され、この和解案通りに和解が成立したのです。裁判前に相手が提示していた金額からすると、2倍以上の金額(当初の提示からは3倍以上)となりました。

実際に事務所に訪れて相談したい!

相談すれば分かる安心感。
ぜひ、当事務所にお越しください。

東京事務所銀座駅徒歩3分、日比谷駅5分、有楽町駅5分
所在地
〒104-0061東京都中央区銀座6-3-9 銀座高松ビル901
横浜事務所関内駅徒歩5分、日本大通り駅5分
所在地
〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町2-42-3 横浜エクセレント17-6階A